横浜マタイ研究会合唱団

合唱団紹介

メンバー紹介

指揮者

     松井 眞之

             国立音楽大学卒業。在学中より学内外、オーケストラ、合奏、合唱など
             幅広く指揮活動を行う。
             その後、渡米。帰国後に指揮を黒岩英臣氏に師事。本格的に指揮活動に入る。
             神奈川県芸術祭のオープニング及びフィナーレ・コンサートで、「第九」の合唱を担当。
             全県を回り成功に導く。
             これを契機に湘南、横浜、埼玉などにシンフォニック・コーラスを誕生させる。
             その後、神奈川フィルハーモニー、新日本フィルハーモニーとの数々のコンサートを
             次々と成功させる。
             バッハの「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、「ロ短調ミサ」、フォーレ「レクィエム」、
             ドヴォルザーク「スタバトマーテル」など数多くの管弦楽曲、合唱曲を演奏してきた。
             また、地方のオーケストラ、合唱の指導育成に尽力している。
             その指導力と音楽性は非常に高い支持を得ている。
             近年は「カルメン」、「チャールダッシュの女王」、「こうもり」など、オペラの分野にも
             進出している。

ピアニスト

     中嶋 温子

             桐朋学園大学音楽学部卒業。
             第13回かながわ音楽コンクールにてTVKテレビ賞受賞。
             第21回日本ピアノ教育連盟オーディション全国大会出場。
             第13回神奈川県高文連教育長賞受賞。
             2008年には、東京サンフォニエッタとモーツァルトの「2台のピアノのための協奏曲」で共演。
             これまでに田辺徳子、辛島輝治、山田富士子の各氏に師事。
             現在、島村楽器音楽教室ピアノ科講師。
             マタイ研究会合唱団では創立以来、ピアニストを務める。

運営委員

     代表   谷 伊佐夫

     副代表 荒木 典子

メンバー

     現在のメンバーは総勢54名。男女を問わず新メンバーを随時募集中です。


合唱団規則等

合唱団規則      運営委員会規則


HOME